眠りで悩み続けてきた20年

私がムーンムーン株式会社を創業した理由は私自身が20年以上、眠りで悩み続けてきたからです。

小学2年生の頃には、すでにうまく眠ることができず布団に入って2~3時間眠れない日がほとんどでした。
真っ暗な部屋の中で、家族の寝息を聞きながら「どうして僕だけ眠れないのだろう」とずっと考えていました。
毎日、母に「早く寝なさい」と言われるのですが自分で寝付けないのはわかっていますから夜が来ると少し憂鬱な気分になったりもしました。

ただ、私にとっては「眠れない」事が当たり前なので本人も家族もそれをあまり深刻に受け止めずにいました。
学校も普通に通いましたし、昼休みや放課後は友達とサッカーをして遊んでいました。
ただし、同級生と比べると少し体力がなかったかもしれません。
サッカーをしているときに息が上がって走れなくなったり気分が悪くなったりすることもありました。
また、風邪を引きやすく、しょっちゅう学校も休んでいました。
睡眠不足だけが原因かどうかはわかりませんが、少なくとも原因の一つであることは間違いないと思います。
もちろん、両親もいつも気にはかけてくれていました。
ぐっすり眠れるハーブティー、安眠できる枕、高級マット、環境音楽、アロマなどたくさんの睡眠グッズを買ってくれました。
そして、私も、「今度こそ」という思いで、ぐっすり眠ることに何度もトライしてきました。
しかし、私の悩みは改善せず、それから10年、20年と眠れない夜を送ってきました。
そして、いつしか私は朝5時に寝て昼12時に起きるという夜型生活になっていました。

ところが、今から2011年の事です。
ユニークな目覚まし時計が私の人生にミラクルを起こしました。
その目覚まし時計は、通常の目覚まし時計とは全く違うシステムで、音でなく、光で人を起こすものでした。
これまでどんな目覚まし時計を試しても気持ちよく起きられた事のない私は「これで本当にちゃんと起きられるのかな? 音がならないと気づかずに寝坊しちゃうんじゃないの?」と使うまで半信半疑でした。
しかし、実際に使ってみると、翌朝、部屋に朝日が差し込むように光を感じながら私はすっきりと目覚めることができたのです。
そして、その日の夜はなんと夢にまで見た一瞬にして眠りに落ちたのです。
20年以上悩んでいたこの私が!

その後色々と調べてみたところ、光には、私たちの生活のリズムを整え、かつ、心地良い眠りを叶えてくれる力があったのです。
朝、たった5分でも太陽の光を浴びることができれば、私たちの体は健全な生活リズムを手に入れ、誰でも自然に起きられるようになります。
そのことを1人でも多くの人に知って頂きたいという思いで私はムーンムーン株式会社を立ち上げ、光目覚まし時計の販売を始めました。

安眠を手に入れてからの私の人生は、大きく変わりました。
以前にも増して、充実した日々を送っています。
1人でも多くの方が、私のように「光」で朝のスッキリと夜のグッスリを実現しより幸せな人生を切り拓いてくださることを願っています。

ムーンムーン株式会社
代表取締役竹田 浩一