ウェクセルマットレスの口コミ評判-6つの観点から独自に検証

※ 本ページはプロモーションが含まれています。

ウェクセルマットレスは、ポケットコイルとウレタンフォームを使ったハイブリッド構造が特徴のマットレスです。寝返りのしやすさ・寝心地の高さに定評があり、多くの方から支持を受けています。

インターネットやSNSで情報を調べると良い口コミ・評判が多いため、「ウェクセルマットレスが本当によいマットレスなのか気になる」という方もいるのではないでしょうか。

快眠ランド編集部で実際にウェクセルマットレスを使ってみたところ、評判通りの機能性と寝心地で、多くの方におすすめできる寝具でした。

この記事では、快眠ランド編集部が6つの観点からウェクセルマットレスを検証した情報やウェクセルマットレスの基本情報、お得に購入する方法やメリット・デメリットなどを紹介します。

購入する前に知っておくべき情報を網羅できるため、「ウェクセルマットレスを選んで後悔した」というミスを防げます。ウェクセルマットレスを購入すべきか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

【公式サイト】
目次

竹田 浩一 睡眠改善インストラクター

快眠グッズメーカー ムーンムーン株式会社 代表取締役。8歳の時に光で起こす目覚まし時計を使用したことで、8歳から悩んでいた睡眠障害を克服。睡眠障害を患っていた時は、朝5時に寝て昼12時に起きる夜型生活だったが、睡眠障害克服後は朝5時に起き夜10時に寝る生活を続ける。現在は、睡眠改善インストラクターの資格を活かし、大学や企業などで睡眠講座を開催。テレビや新聞、雑誌などにも睡眠の専門家として多数出演。

ウェクセルマットレスを6つの観点から検証!実際に使用した感想を紹介

快眠ランド編集部では実際にウェクセルマットレスを購入し、6つの項目に分けて機能性を検証しました。

検証した内容
  • 体圧分散性
  • 寝姿勢の保ちやすさ
  • 寝心地のよさ
  • 腰痛対策
  • 寝返りのしやすさ
  • 通気性について

快眠ランド編集部が検証した結果、ウェクセルマットレスは数あるマットレスのなかでも、機能性に優れていることがわかりました。ストレスを与えない寝心地で、子どもから大人まで使いやすい印象です。

編集部がウェクセルマットレスを使用した感想は次のとおりです。

以下では、6つの感想について詳しく解説します。なお、今回検証に使用したのはセミダブルサイズであり、モニターとなる編集者の体格は167cm/65kgとなっています。

体圧分散性が高く体への負荷が少ない

ウェクセルマットレスは、2層目に硬さや形状の異なる2種類のウレタンフォームを利用し、体圧分散性を高めています。具体的には、上部にある高弾性の波型のプロファイルウレタンが体を点で支え、下部の硬めのウレタンが腰や肩などが必要以上に沈み込むことを防ぎます。

実際に寝転がると、体の特定箇所に負荷がかかることはありませんでした。マットレスが全身を支えるような寝心地で、ストレスなく眠れます。

睡眠改善インストラクター 竹田 浩一

波型のプロファイルウレタン特有のゴツゴツとした感覚はなく、表面がフラットなマットレスの寝心地となんら変わりません。

体圧分散性の高さは、特に仰向けで眠るときに感じられます。実際にモニターである編集者は、枕を使用しなくても首や肩に負荷がかかることはありませんでした。

程よい硬さのなかに体をじんわりと受け止める柔らかさがあるため、長時間眠ったとしても体が疲れません。ウェクセルマットレスは、いつまでも寝転がっていたい寝心地が特徴的なマットレスです。

体が沈み込みすぎず理想的な寝姿勢を保ちやすい

ウェクセルマットレスは、体の沈み込みを最低限に抑えたマットレスで、理想的な寝姿勢を保ちやすいという特徴を有しています。

睡眠改善インストラクター 竹田 浩一

そもそも、理想的な寝姿勢とは立っているときのようなまっすぐな姿勢のことです。

体が疲れにくい寝姿勢であり、睡眠の質の良し悪しは理想的な寝姿勢をいかにキープできるかにかかっています。

実際に仰向けで眠ってみると、背中や足まわりは必要最低限で腰や肩などの負荷がかかりやすい部分を中心に沈み込みます。そのため、背骨がまっすぐになるような感覚で眠れました。

眠っている最中に寝姿勢が崩れることによる不快感が少なく、朝までぐっすりと眠れる印象です。イメージとしては、気づくと朝が来ていたように感じられるほど熟睡できます。

やや硬めの寝心地でありながら体に馴染む柔らかさを持っている

ウェクセルマットレスは、ウレタンフォームとポケットコイルを使用したハイブリッド構造のマットレスです。どちらかといえば、やや硬めの寝心地となっています。

1層目に生地と中綿、2層目にウレタンフォームを使っているため、ポケットコイルマットレスによくあるバネ感は抑えられています。

実際に眠ってみると、体に馴染むような柔らかさを持っている印象を受けました。3層目にポケットコイルを配置しているため安定性があり、身を任せられる寝心地です。ウレタンフォームの柔らかさとポケットコイルの硬さがうまく交わったマットレスで、両者のいいとこ取りをしていると感じました。

ただ硬いだけのマットレスとは異なるため、仰向けと横向きのどちらで眠るときも快眠できました。

どのような寝姿勢であっても快適な寝心地を得られるマットレスを手にしたい方は、ウェクセルマットレスを選ぶことを強くおすすめします。

睡眠改善インストラクター 竹田 浩一

忖度なしでいえば、沈み込みが浅いウェクセルマットレスは、柔らかいマットレスに慣れている方にとって、圧迫感があるかもしれません。

腰に負荷が集中しないため腰痛対策になる

ウェクセルマトレスは前述したとおり、体圧分散性に優れているマットレスです。上記の画像のように腰とマットレスに隙間が生じないことで、腰痛対策に効果を発揮します。

編集者はこれまで使用していたマットレスで、起床時に腰の痛みを感じることがありました。しかし、ウェクセルマットレスを使い始めてからは、腰の違和感が減り、すっきりと目覚められています。

腰痛対策につながる主な理由は、ウェクセルマットレスが腰を押し上げるクッション性を有しているためです。

実際に眠ってみると、マットレスと体が密着するというより、体が浮いたような感覚でした。

また、波型のプロファイルウレタンが体を点で支える働きを有しており、血流を妨げません。睡眠中に血液が循環することも、腰に疲れやだるさが残らない理由の一つだと感じました。

睡眠改善インストラクター 竹田 浩一

睡眠中に腰が痛くなる原因は、腰に負荷が集中することにあります。

ウェクセルマットレスのように体を押し返す反発力を持つマットレスを選べば、腰痛にまつわる悩みを解決できるでしょう。

弾むような反発力があるため寝返りしやすい

ウェクセルマットレスは、弾むような反発力で寝返りをサポートします。マットレスの反発力と寝返りのしやすさは関連しており、反発力が高いマットレスほど寝返りしやすいことが一般的です。

ウェクセルマットレスの場合、2層目の上部のウレタンは170N、下部のウレタンは230Nと弾力性が高くなっています。それに加えて3層目にポケットコイルを配置することで、反発力を増強しています。

上記の画像では、ウェクセルマットレスへ適当な高さからボールを落としたものです。落とした高さの4分の1くらいの高さまでバウンドしました。ほかのウレタンフォームを使ったマットレスでも同様の検証をしましたが、ボールはほとんど跳ねませんでした。

実際に使ってみると、ストレスなく寝返りできていると感じています。マットレスが体を押し上げてくれるイメージで、少ない力で寝返りを打てるイメージです。

数日間使用するなかで、寝返りが打てないことが原因で目覚めることは、ありませんでした。

睡眠改善インストラクター 竹田 浩一

平均では一度の睡眠で、20回ほど寝返りするといわれています。

寝返りを促す反発力を持つウェクセルマットレスを選べば、眠りが浅くなることを防げます。

ウレタンフォームのみのマットレスより通気性が高い

ウェクセルマットレスは、ウレタンフォームだけでなくポケットコイルも使用しているため、ウレタンフォームのみのマットレスよりも通気性が高くなっています。

ウレタンフォームのみのマットレスとウェクセルマットレスを使い比べた側の立場として意見を述べると、ウレタンフォームのみのマットレスは、熱がこもりやすい印象がありました。

ひどいときには、寝汗による不快感で夜間に目覚めることもあったほどです。

その点、ウェクセルマットレスに変えてからは、不快感を感じるまで熱がこもるといった印象はありません。寝汗をかくことは多少ありますが、暑すぎて睡眠が妨げられるレベルには達していません。

また、マットレスの構造を見るとウェクセルマットレスは2層目の上部が波型です。マットレス内に空間が生じることも、通気性が高まる理由の一つとして挙げられます。

睡眠改善インストラクター 竹田 浩一

通気性に優れたウェクセルマットレスを選べば、熱や湿気によって眠りの質が下がることを回避できます。

また、湿気がたまりにくい分、寝室まわりの清潔感を保ちやすくなるでしょう。

ウェクセルマットレスの効果・特徴

【公式サイト】
ウェクセルマットレスの特徴
  • ウレタンフォームとポケットコイルのハイブリッド構造となっている
  • 仰向け・横向きどちらの寝姿勢にもフィットする
  • 程よい硬さと反発力で質の高い眠りをサポートできる

ウェクセルマットレスは、ウレタンフォームとポケットコイルを使ったハイブリッド構造のマットレスです。海外の高級マットレスにも取り入れられている構造であり、理想的な寝姿勢を保てるほか、寝返りをサポートできます。

1層目には肌に優しいデオファクター加工生地を、2層目の上部には完全オリジナルのプロファイルウレタンを、下部には高密度のフラットなウレタンフォームを採用しています。

3層目には反発力や強度に優れた、JIS規格国内最高品質のSWRH82BCの5.7インチのポケットコイルを取り入れています。

仰向け・横向きどちらの寝姿勢にもフィットする点も、ウェクセルマットレスの特徴の一つです。仰向け時は腰が沈みすぎない、横向き時は肩を優しくフォローするため、使用者にストレスを与えません。

程よい硬さと反発力によって質の高い眠りをサポートできる部分も、ウェクセルマットレスならではの魅力です。硬いものの程よく沈む寝心地で、体圧分散性に優れています。首こり・肩こりや腰痛対策に効果を発揮するマットレスです。

e-ヘルスネットは、「快眠するためには適度な硬さのマットレスを選ぶ必要がある」と述べています。e-ヘルスネットが提唱する快眠の要素を満たすウェクセルマットレスは、眠りの質を改善したい方におすすめできる寝具です。
(出典:e-ヘルスネット「快眠のためのテクニック -よく眠るために必要な寝具の条件と寝相・寝返りとの関係」

睡眠改善インストラクター 竹田 浩一

ほかにも、ウェクセルマットレスは防ダニ・抗菌・防臭に優れ、衛生的な睡眠環境を保つ働きも持ちます。

項目詳細
マットレス名ウェクセルマットレス
サイズ・シングル
・セミダブル
・ダブル
素材・ウレタンフォーム
・ポケットコイル
硬さ硬め
カラーホワイト
生産国日本
お手入れ方法風通しのよい場所で陰干しする
寿命目安およそ10年
保証期間10年間
返金保証120日間
金額・シングル:95,000円
・セミダブル:110,000円
・ダブル:126,500円
送料送料無料

ウェクセルマットレスは120日間の返金保証付き

ウェクセルマットレスは、購入時に120日間の返金保証が付きます。120日間の返金保証は、商品到着後14日から120日までの間に返金保証が受けられるサービスのことです。

返金保証の受け方は「support@wexel.jp」に返品したい旨を連絡し、その後に届くアンケートへ回答するだけです。問い合わせ先がわからない・手続きが複雑で時間がかかるといったことはないため、万が一のときも安心です。

返品する際は、原則、梱包や配送手続き、送料が不要となっています。実質無料でウェクセルマットレスの寝心地を確かめられるといっても過言ではありません。

睡眠改善インストラクター 竹田 浩一

120日間の返金保証はほかの寝具メーカーも取り入れているものの、ウェクセルマットレスのように送料がかからないサービスはほとんどありません。

ウェクセルマットレスを安く買う方法

下表は、2024年6月時点における販売先ごとのウェクセルマットレスの取扱状況をまとめたものです。

スクロールできます
販売先金額特典保証
公式サイト・シングル:95,000円
・セミダブル:110,000円
・ダブル:126,500円
・120日間返品無料サポート
・10年商品保証
・送料無料
・クーポンコードによる割引
あり
Amazon取扱なし
楽天市場取扱なし
Yahoo!ショッピング取扱なし

現状、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングでウェクセルマットレスの取扱はなく、公式サイトで購入する必要があります。

ウェクセルマットレスは、シングルでも10万円近くするマットレスです。少しでもお得に購入したい方は、クーポンコードを活用することがおすすめです。下記のクーポンコードは快眠ランド限定で取得できるもので、購入するマットレスが10%OFFになります。

快眠ランド限定クーポンコード:kaiminland_cp10

クーポンコードを使えば浮いたお金で、枕やシーツを新調できるかもしれません。ウェクセルマットレスを購入するときは、クーポンコードを使うことを忘れないようにしてください。

睡眠改善インストラクター 竹田 浩一

上記のクーポンコードは使用期限がありません。

ウェクセルマットレスをいますぐ購入しない方は、この記事を忘れずにブックマークしておきましょう。

ウェクセルマットレスのメリット・デメリット

ウェクセルマットレスは、寝心地がよいほか機能性に優れたマットレスです。とはいえ、実際に使用するなかで、メリット・デメリットが見えてきたのも事実です。

前提としてウェクセルマットレスに限らず、どのようなマットレスであっても良い点・悪い点があります。そのため、ウェクセルマットレスがほかのマットレスに劣っているわけではないことを知っておいてください。

ウェクセルマットレスを購入してから「イメージと違った」というような失敗をしたくない方は、以下で紹介するメリットデメリットを必ずチェックしておきましょう。

ウェクセルマットレスのメリット

ウェクセルマットレスのメリットとして、次の3つが挙げられます。

  • 理想的な寝姿勢を維持しやすい
  • 腰が痛くなることを防げる
  • 寝姿勢に関係なく使いやすい

ウェクセルマットレスには、ウレタンフォームとポケットコイルのいいとこ取りをしているマットレスです。ウレタンフォームの程よい柔らかさとポケットコイルの反発性を備えており、理想的な寝姿勢をサポートします。実際に使用するなかで、背骨がくの字になるような感覚はありませんでした。

高反発のプロファイルウレタンが体を点で支える、硬めのポケットコイルが体を押し返すという2点から寝返りを促します。腰痛対策に効果を発揮することも、ウェクセルマットレスのメリットです。首や肩に無駄な力が入らないため、だるさが翌朝に残らず、すっきりと目覚められます。

ウェクセルマットレスは、「硬いけど沈む」という独特の寝心地を実現したマットレスです。この寝心地により、仰向けでは腰が、横向きでは肩まわりが適度に沈み込んでフィットします。寝姿勢に関係なく眠りやすく、仰向け・横向きの両方で寝る機会がある編集者に適していました。

睡眠改善インストラクター 竹田 浩一

体に負荷やストレスを与えない構造になっている点が、ウェクセルマットレスの大きな特徴です。

ウェクセルマットレスのデメリット

一方で、ウェクセルマットレスには次のようなデメリットがあることを知っておいてください。

  • ウレタン臭が気になる
  • 一人で設置する場合は時間がかかる
  • マットレスのカバーは洗濯できない

ウェクセルマットレスは、使っている素材の都合上、ウレタン臭が気になります。臭いがきつすぎることはありませんでしたが、もし、気になる場合は風通しのよい場所で陰干しすると解消できます。

ウェクセルマットレスは、ポケットコイルを使っている分、重量があります。シングルでも30kg近くあるため、理想は二人以上で設置することがおすすめです。編集者はセミダブルを一人で設置しましたが、10分以上かかりました。

マットレスのカバーを洗濯できない点も、ウェクセルマットレスのデメリットです。カバーが取り外しできないタイプであるため、清潔感を保ちたい方は、ボックスシーツを使うことがおすすめです。

睡眠改善インストラクター 竹田 浩一

快眠ランドの編集者が使用するなかでは、寝心地に関するデメリットは感じられなかったそうです。

ウェクセルマットレスが合う人・合わない人

ウェクセルマットレスは、硬すぎず柔らかすぎない寝心地でさまざまな方から支持を受けているマットレスです。インターネット上で評判を見ても、「選んでよかった」「ぐっすりと眠れるようになった」など、良い口コミ・評判が多くなっています。

とはいえ、マットレスに求める機能性は一人ひとりによって異なるため、ウェクセルマットレスがすべての人に合うとは限りません。ここからは、ウェクセルマットレスが合う人合わない人の特徴を解説します。

ウェクセルマットレスが合う人

ウェクセルマットレスを使うことが合う人の特徴は次のとおりです。

  • 肌が弱い人
  • 眠るときに肩や腰が痛くなりやすい人
  • パートナーや子どもと一緒に眠る人

ウェクセルマットレスは、肌が弱い体質の人におすすめのマットレスです。1層目にデオファクター加工生地という、天然の鉱物を特殊な技術で織り交ぜた素材を使っています。細菌や臭いの原因を減らす効果を有しているため、子どもから大人まで安心して使用できます。

眠るときに肩や腰が痛くなりやすい人も、ウェクセルマットレスを選ぶとよいでしょう。体圧分散性に優れており、肩や腰のみに負荷がかかることを防ぎます。実際に編集者も体への負担が減り、腰が軽くなったような感覚を得ています。

ウェクセルマットレスは、パートナーや子どもと一緒に眠る人にも合っています。3層目のポケットコイルが振動を吸収する性能を持っているため、隣で眠る人の動きが気になりません。

睡眠改善インストラクター 竹田 浩一

実際に使ってみなければわからない部分も多いため、まずは、ウェクセルマットレスを購入し、120日間のお試し期間を利用してみてはいかがでしょうか。

ウェクセルマットレスが合わない人

下記の内容に当てはまる人は、ウェクセルマットレスを選ぶことが合わないかもしれません。

  • バネのような硬さを持つマットレスを求める人
  • メーカー内でモデルを比較したい人
  • マットレスに予算をかけたくない人

ウェクセルマットレスは、バネのような硬さを持つ人には合わないかもしれません。2層目にウレタンフォームを取り入れているため、ポケットコイルのみを使用したマットレスよりもふんわりとした柔らかさがあります。

2024年6月時点で、ウェクセルマットレスでは、この記事で紹介したマットレスのみ取り扱っています。ほかのモデルは用意されていないため、メーカー内でマットレスを比較したい人には合わないあまりおすすめできません。

ウェクセルマットレスは、シングルで10万円近くするマットレスです。値段を抑えてマットレスを新調したい場合は、ウェクセルマットレスが選択肢から外れやすくなるでしょう。

睡眠改善インストラクター 竹田 浩一

値段こそ高いものの、寝心地や機能性に優れているため、お金をかけてでも睡眠環境を整えたい人は、ウェクセルマットレスを選ぶ価値があります。

【まとめ】ウェクセルマットレスの口コミ・評判

快眠ランド編集部で実際にウェクセルマットレスを使用してみたところ、機能性に優れているかつ寝心地がよいマットレスだという評価になりました。

体圧分散性に優れている・寝返りを促す反発力がある・あらゆる寝姿勢に対応するといったメリットを有しており、多くの方が愛用しやすいといえます。とはいえ、カバーが洗濯できないというデメリットがあるため、使用時にはボックスシーツが必須である点は知っておいてください。

編集者自身は、ウェクセルマットレスを実際に使用するなかで、特にぐっすりと眠れるようになった部分を高く評価しています。気づいたら朝になっているほど熟睡できている感覚があり、それに伴い、疲れが取れやすくなりました。

元々、夜更かしをする日々が続いていましたが、今ではウェクセルマットレスを使って1秒でも早く眠りにつきたいと思える生活を送っています。眠ることが待ち遠しくなる生活を望む方は、ウェクセルマットレスを選び、快適な睡眠環境を手にしましょう。

【公式サイト】

関連記事:マットレスのおすすめ人気ランキング19選-失敗しない選び方を解説

あわせて読みたい
マットレスのおすすめ18選-失敗しない選び方を解説【2024年最新】 腰や肩の負担が軽減して快眠できるマットレスが欲しい高品質なマットレスの中から自分に最適なものを見つけたい 熟睡・快眠をするには、自分の身体に合わせて適切なマッ...
おすすめマットレスの口コミ

本ページは快眠ランドが独自に制作しており、一部又は全部にプロモーションが含まれています。メーカー等はコンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。快眠ランドでは編集ポリシーに則って製品・サービスを紹介しており、企業等の意見を代弁するものではありません。当記事では正確な情報提供に努めておりますが、内容の正確性を保証するものではありません。サイト内に表示している広告については、広告掲載ポリシーをご覧ください。当記事で記載している価格は全て税込み表記です。記事内容についてのご意見・誤字脱字のご指摘はお問い合わせフォームからお寄せください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次