MENU
快眠のプロ厳選!おすすめマットレス
快眠のプロ厳選!おすすめ枕

ブレインスリープマットレスオールインワンの口コミや評判|デメリットや合わない人を解説

※ 本ページはプロモーションが含まれています。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、ブレインスリープマットレスとブレンスリープピローが一体となった寝具です。購入すれば、一度で睡眠環境を整えられることから、幅広いユーザーから人気を博しています。

機能性・利便性が高い一方で、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEについて調べると「狭くて寝返りが打てない」「硬くて眠りにくい」など、ネガディブな声も一部存在します。

そのため、「ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを購入すべきなのか判断に困る」という方は少なくありません。

この記事では、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEの口コミ・評判から、効果の真相を忖度なしで解説します。

ほかにも、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEの特徴やメリット・デメリット、購入時によくある質問などを紹介します。最後までこの記事を読めば、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEが自分に合う寝具なのかを判断するきっかけになります。

マットレスの買い替えを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

関連記事: 快眠マットレスのおすすめ人気ランキング10選-コスパが良くて安いと評判

あわせて読みたい
快眠マットレスのおすすめ15選-失敗しない選び方を解説【2024年最新】 腰や肩の負担が軽減して快眠できるマットレスが欲しい高品質なマットレスの中から自分に最適なものを見つけたい 熟睡・快眠をするには、自分の身体に合わせて適切なマッ...
目次

竹田 浩一 睡眠改善インストラクター

快眠グッズメーカー ムーンムーン株式会社 代表取締役。8歳の時に光で起こす目覚まし時計を使用したことで、8歳から悩んでいた睡眠障害を克服。睡眠障害を患っていた時は、朝5時に寝て昼12時に起きる夜型生活だったが、睡眠障害克服後は朝5時に起き夜10時に寝る生活を続ける。現在は、睡眠改善インストラクターの資格を活かし、大学や企業などで睡眠講座を開催。テレビや新聞、雑誌などにも睡眠の専門家として多数出演。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEの口コミ・評判|効果ある?効果ない?真相を解説

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEが機能性に優れている寝具なのかを判断する場合、使用者の口コミを確認することが大切です。

本当に効果のある寝具なのかを知るためには、次の項目における良い口コミ・悪い口コミを知っておくとよいでしょう。

以下では、各項目にわけてブレインスリープマットレス ALL IN ONEの口コミを解説します。

腰痛対策に関する口コミ・評判

腰痛対策に関する口コミ・評判として、下記の内容が挙げられます。

ここからは、腰痛対策の口コミ・評判を詳しく解説します。

腰痛持ちではあるものの痛みがなくよく眠れる

腰痛持ちの方の口コミとして、下記のものが挙げられます。

腰痛持ちですが、朝起きて痛みもなくよく眠れています。枕が高めなので、日によってうまくはまらないこともありますが、慣れればフィットするのではないかと期待しています。

引用:BRAIN SLEEP STORE

上記の口コミをした方は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを取り入れたことで、腰痛持ちではあるものの痛みがなくよく眠れているそうです。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、高反発ファイバーを採用することで、腰の沈み込みを防止しています。腰への負荷がかかりにくく、使用するユーザーの多くは「腰が痛くならない」とブレインスリープマットレス ALL IN ONEを評価しています。

腰が軽くなったことで目覚めがすっきりした

腰が軽くなったことで目覚めがすっきりしたと感じている方は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを次のように評価しています。

眠りが深くなった、腰が軽くなったことで、目覚めがスッキリしている。片付けも軽くて便利。ただ、専用の枕カバーやシーツが欲しい。

引用:BRAIN SLEEP STORE

この口コミを残した方は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを使い始めたことで、眠りが深くなったり腰が軽くなったりすることで、翌朝の目覚めがすっきりするようになったと感じています。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを使うと腰が軽くなる理由は、寝返りを促す適度な硬さをマットレスが持っているためです。特に、腰部分の素材を硬めにすることで、肩・腰・足へ均等に負荷がかかるようになっています。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、通気性が高く不要な熱や湿気をカットする機能性に長けています。寝床を快適な温度に保てるため、使用者は深い眠りにつくことが可能です。

腰部分に痛みを感じる

一方で、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを使用する方のなかには、「腰が痛くなった」と感じるユーザーも一定数存在します。

クッションフロア(消音の柔らかいフローリング)に敷いて寝ていますが、使用を始めてから腰が痛いです。腰付近はもっと厚みを持たせて、クッションを効かせてほしいです。

枕が硬く高すぎるため、首がおかしな角度になります。もっとなだらかに傾斜をつけて、高さも3分の2くらいでいいと思います。

引用:BRAIN SLEEP STORE

上記の口コミを残した方は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを使い始めて腰が痛くなったと感じているそうです。「クッション性をもう少し高めてほしい」と訴えています。

特に、低反発のマットレスで眠る機会が多かった方は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEのクッション性が合わず、腰が痛くなる恐れがあります。ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、マットレスの厚さが約4cmとなっており、体を包み込むような柔らかさを持ち合わせていません。

ブレンスリープマットスにクッション性を求めるのであれば、9層構造になっている「ブレインスリープマットレスプレミアムフロート」を選ぶことがおすすめです。

肩こり対策に関する口コミ・評判

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEの肩こり対策に関する口コミは、次のとおりです。

以下では、肩こり対策の口コミ・評判を詳しく解説します。

肩や首まわりがラクな状態で眠れている

肩や首まわりがラクになった方は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを次のように評価しています。

これを使うようになってから、肩や首辺りが楽な状態で寝れてるなと実感してます。

引用:BRAIN SLEEP STORE

この口コミを残した方は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを取り入れてから、首や肩まわりがラクな状態で眠れていると感じています。

睡眠時に首や肩まわりにかかる負荷を減らせれば、首・肩こりを防げます。また、寝違える原因を改善することもできるでしょう。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを使うと首や肩がラクになる理由は、骨格に合わせて馴染む「パーソナライズフィット」という機能が取り入れられているためです。枕に使われている高反発ファイバーが頭や首にフィットし、理想的な寝姿勢をサポートします。

疲れが一晩で十分に取れる

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを使う方のなかには、下記の口コミのように「疲れがしっかり取れるようになった」と感じているユーザーもいます。

一見マットの厚さが薄いように感じましたが、寝心地は想像以上によかったです。 布団をこれにしてから、首や肩の凝りが嘘みたいになくなり、疲れた日でも一晩で十分疲れが取れるので、よかったです。

引用:Yahoo!ショッピング

上記の口コミを残した方は、睡眠時の首や肩こりに悩むことがあったと言います。ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを購入してからは、首や肩こりが嘘のようになくなり、疲れが一晩でしっかりと取れている感覚を覚えたそうです。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、快適な睡眠を届けるために、放熱性と体圧分散性を高めています。首や肩こりを解消する部分においては、枕の高さを約9cm設けることで、首や肩にかかる負荷を軽減しています。

枕の高さがしっかりと設けられている分、仰向け寝のときだけでなく、横向き寝する際の首や肩こりを抑えることも可能です。

首まわりが痛くなった

一方で、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを使用する方のなかには、「首まわりが痛くなった」と訴えるユーザーもいます。

こんなに薄いのに床にひいて痛くないのか半信半疑だったのですが、全く底つきせず、快適です。
夫も腰の部分が硬くて寝やすいと言っています。
ただ、私には枕の高さが高すぎて、首が痛くなったので、枕の高さを調節できる機能がほしいです。

引用:楽天市場

この口コミを残した方は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEの枕が高く、体型に合わないと感じています。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、マットレスと枕が一体となった寝具です。一度の買い物で睡眠環境を整えられる一方で、高さ調節機能が付いていないことから、使用者の体型によってはフィットしない恐れがあります。

口コミを残した方のように枕が高いと感じる場合は、厚みのあるシーツを購入し、高さを微調整することがおすすめです。必要に応じて、丸めたタオルを枕元へ設置して高さを緩和する方法もよいでしょう。

寝心地に関する口コミ・評判

寝心地に関する口コミ・評判として、次の内容が挙げられます。

寝心地は寝具を選ぶ上で重要な項目です。ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを使うとどのような環境で眠れるのかを知るために、寝心地に関する口コミ・評判をチェックしておきましょう。

狭さを感じることなく眠れる

狭さを感じることなく眠れている方は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEへ次のような口コミをしています。

心配していた狭い感じもせず眠れています。腰も楽です。
中身のマットレスを外さないと外側が洗えないので、簡単に着脱できるシーツがほしいです。
このサイズは他にはないので、、
よろしくお願いします!

引用:BRAIN SLEEP STORE

前提としてブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、横幅が70cmとなっており、一般的なシングルサイズのマットレスよりも小さくなっています。

この口コミをした方は、購入当初は横幅の小ささから「狭さを感じてしまうのでは」と思っていたそうです。実際に使用したところ、心配していた狭さを感じずに眠れていると言っています。

なお、上記の口コミをした方は、身長が156〜160cmの普通体型の女性です。平均的な体型の女性であれば、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは快適に眠れる寝具となるでしょう。

一方で、肩幅が広い方や大柄な男性が使用する寝具には適さない恐れがあるため、寝心地を重視して寝具を選ぶ場合は、取扱店舗でサイズ感を確認することがおすすめです。

使い始めてから熟睡できるようになった

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを使い始めて、熟睡できるようになった方の口コミは次のとおりです。

部屋が狭いのでオールインワンを選択。

試しにマットレスのみで横になった時、感動。
コンパクトなのに驚くほど寝やすい。

いざ就寝時、寝袋型でトライ。
普段は眠りが浅いのですが、朝まで熟睡でした。

片付けも1分かからず部屋を広く使えます。

睡眠の質、部屋の有効利用、この2点においては右に出るものがないほどの良い買い物でした。本当にいい商品を作ってくださり感謝です。

引用:BRAIN SLEEP STORE

上記の口コミをした方は、部屋が狭いことからブレインスリープマットレス ALL IN ONEを購入したそうです。普段の眠りが浅いほうではあるものの、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEに寝転がると朝まで熟睡できたと言っています。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、理想的な睡眠環境を保つ点に長けている寝具です。一般的なウレタン素材を使用したマットレスと比べ放熱性が高いことから、暑さによる寝苦しさを防ぎます。

特に、眠っているときに暑くて目覚める機会が多い方は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEに買い換えると、睡眠の質を大幅に改善できるかもしれません。

冬場は寒くて眠れない

一方で、通気性の高さから「冬場は寒くて眠れない」と感じるユーザーも存在します。

思ったより快適でした。厚みもしっかりあって、個人的にはとても満足してます。3シーズン対応には申し分ないです。

しかし、冬は寒いので、付属の寝袋では寒すぎて寝れません。なかに湯たんぽ入れるなら別ですがそこまでしたくないというのが本音です。

星5としては、意外性という面がとても良いと感じましたので評価しました。

引用:BRAIN SLEEP STORE

この口コミをした方は、寝心地や利便性にはとても満足しています。しかし、通気性の高さから冬場は寒くて使用できないと感じているそうです。

寒さへの耐性は個人差があるものの、細身の方や寒い環境が苦手な方は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを冬場に使用することが適していない可能性があります。

寒さを感じる場合は、足元へ湯たんぽを置いたり、寒さ対策用の敷きパッドを活用したりするとよいでしょう。

硬さに関する口コミ・評判

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEに関する硬さの口コミ・評判として、次の内容があります。

ここからは、硬さにまつわる口コミ・評判を詳しく解説します。

硬さや痛さを感じない

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを使って、痛さや硬さを感じない方は、次のような口コミをしています。

思ったより考えられていて機能的、この薄さなので床に置くと寝心地が心配でしたが不思議なくらい硬いとか痛いとか無かったです。

引用:BRAIN SLEEP STORE

この方は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを購入した当初は、本体の薄さから寝心地が心配だったそうです。しかし、実際にブレインスリープマットレス ALL IN ONEで眠ってみると、硬さや痛さを感じることがなかったと言います。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、厚さが抑えられているものの、素材に高反発ファイバーを使うことで、しっかりとした弾力を持たせています。そのため、薄いマットレスによく見られる底付き感がありません。

体をしっかりと押し返す反発力を有しており、適度なクッション性を感じられる寝心地となっています。

硬すぎず柔らかすぎないため負荷が分散する

体へかかる負荷が分散している感覚を持つ方は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを次のように評価しています。

メリットはとても早く折りたためるマットレス、一体型の枕部分もちょうどいい高さと面積で寝返りも楽、シェラフもどの体勢で寝ても体にまとわりつく事無く動けるのでシェラフで寝てるとは思えない程フリーな感じがします。そして一番特筆すべきはマットレスの耐圧分散性能でしょう。某通販有名マットレスは使ったことはありませんが、硬すぎず柔らかすぎず、どの角度で寝ても体全体の負荷をマットレスが分散してくれるので、ずっと寝ていたい快感があります。
本当に買って良かった、そう思わせる満足度のある商品です。

引用:BRAIN SLEEP STORE

上記の口コミをした方は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEの硬すぎず柔らかすぎない寝心地から、体圧分散性の高さを評価しています。体圧分散性が高い部分だけでなく、どのような寝姿勢で眠っても負荷を感じないため、ずっと寝ていたい快感も得ています。

快適な眠りを得るためには、マットレスに適度な柔らかさと反発力が必要です。ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、理想的な寝姿勢を保てる適度なクッション性を有しているため、使用者の多くが「心地よく眠れる寝具」だと感じています。

クッション性が弱く感じる

一方で、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEの寝心地に対して、次のようなマイナスイメージを持つ方もいます。

コンパクトさが優れている反面、クッション性が弱く
慣れかなとも思いますが、1ヶ月以上寝ても硬さを感じます。
同じくALL IN ONEを利用している年配の母は腰が痛くなるため、
下に敷物を敷いてることもあり、人を選ぶ印象があります。
数段階の硬さを選べたりするといいなと感じました。

引用:BRAIN SLEEP STORE

上記の口コミをした方は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEのクッション性の弱さを指摘しています。1ヶ月ほど使用した時点でも、マットレスの硬さを感じている状況です。家族にもブレインスリープマットレス ALL IN ONEを使用する方がいるものの、寝心地が合わず腰が痛くなることがあるそうです。

ブレインスリープマットレスは、どの商品も高反発となっており、柔らかい寝心地を好む方には合わない可能性があります。柔らかいマットレスを好む方は、取扱店舗でブレインスリープマットレス ALL IN ONEの寝心地を確かめたほうが、購入後のミスマッチを減らせるでしょう。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEの特徴や効果

ブレインスリープ-ALL-IN-ONE
【公式サイト】
ブレインスリープマットレス ALL IN ONEの特徴
  • コンパクトな設計でどこでも使用できる
  • 価格を抑えてブレインスリープマットス・ピローを体感できる
  • オールシーズン使用できる

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、持ち運びできるタイプの寝具です。収納すると縦64cm×横70cm×高さ18cmのサイズ感になるため、ワンルームのアパート・マンションで使用しても圧迫を与えません。キャンプや車中泊、災害時のセカンドベッドとしても役立ちます。

「これひとつでどこでも最高の睡眠」というコンセプトで作られており、ブレインスリープマットレスとブレインスリープピローが一体となっています。

マットレスと枕が一体型になった寝具ではあるものの、ブレインスリープピローシリーズの「体圧分散性」「通気性の高さ」「寝返りのしやすさ」はそのままです。

ほかにも、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEの特徴として、オールシーズン仕様できることが挙げられます。使用可能温度は快適温度が8℃、下限温度が4℃、限界温度が-9℃となっています。室内での使用を想定している場合は、季節を問わずブレインスリープマットレス ALL IN ONEを快適に使用することが可能です。

厚生労働省が運営するe-ヘルスネットでは、快眠のためのテクニックとして「枕には適度な高さと吸湿性・放湿性が求められる」「マットレスには適度な硬さが必要」と述べられています。ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、快眠に必要な要素を満たしていることから、よい寝具だと判断できます。
(出典:e-ヘルスネット「快眠のためのテクニック -よく眠るために必要な寝具の条件と寝相・寝返りとの関係」

項目詳細
素材ポリエチレン(高反発ファイバー)
サイズシングル
カラー・グレー
・ベージュ
生産国日本
お手入れ方法シャワーで水洗いする
寿命目安約5〜8年
金額66,000円
送料無料

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを安く買う方法

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを安く買いたい場合は、公式サイトを経由することがおすすめです。公式サイトでは、不定期ではあるものの、限定クーポンを配布しています。

一例を挙げると、次のようなクーポンを発行していた実績があります。

  • ガチャクーポン
  • LINEお友達継続クーポン
  • メルマガ会員限定クーポン

公式サイトが発行するクーポン割引価格は、2,000円前後が相場となっています。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEの購入を検討している方は、各インターネットショップで価格を比較するほか、公式サイトでクーポン情報がないのかをチェックしておきましょう。

>>ブレインスリープを安く買う方法をチェックする

あわせて読みたい
【2024年最新】ブレインスリープを安く買う方法5選-割引やキャンペーン・セール情報も紹介 この記事では「ブレインスリープピロー」や「ブレインスリープマットレス」の割引情報や最安値で買う方法をご紹介していきます。 ブレインスリープは最先端テクノロジー...

ブレインスリープマットレス ALL IN ONE ジャーナルスタンドエディションの特徴や効果

【公式サイト】
ブレインスリープマットレス ALL IN ONE ジャーナルスタンドエディションの特徴
  • オリジナルロゴが使用されており特別感がある
  • 限定カラーとして「モカブラウン」が用意されている
  • 持ち手部分をアップデートして使いやすさを高めている

ブレインスリープマットレス ALL IN ONE ジャーナルスタンドエディションは、ブレインスリープとジャーナススタンダードのコラボレーションによって生み出された寝具です。

機能性は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEと大きな違いはありません。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONE ジャーナルスタンドエディションの大きな特徴は、本体にオリジナルロゴが採用されていることです。90年代のアウトドアギアをイメージさせるデザインとなっており、特別感はひとしおです。

限定カラーである「モカブラウン」が採用されている点も、ブレインスリープマットレス ALL IN ONE ジャーナルスタンドエディションの特徴として挙げられます。トレンドを押さえており、屋内・屋外問わず自然に溶け込むカラーリングです。

ほかにも、ブレインスリープマットレス ALL IN ONE ジャーナルスタンドエディションでは、持ち手部分をアップデートして使いやすさを高めています。本体のみに付いていた持ち手をカバーにも採用することで、インドア・アウトドア、さまざまなシーンでの使いやすさを改善しています。

項目詳細
素材ポリエチレン(高反発ファイバー)
サイズシングル
カラーモカブラウン
生産国日本
お手入れ方法シャワーで水洗いする
寿命目安約5〜8年
金額77,000円
送料無料

【口コミから判明】ブレインスリープマットレス ALL IN ONEのメリット・デメリット

機能性に優れているブレインスリープマットレス ALL IN ONEには、多くのメリットがあります。ただし、デメリットもいくつか見られることが事実です。なお、どのような寝具であっても必ずデメリットは存在します。

そのため、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEがほかの寝具に劣っているわけではないことを知っておいてください。

ここからは、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEのメリットデメリットを詳しく解説します。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEのメリット

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEのメリットとして、次の内容が挙げられます。

  • コンパクトに収納できる
  • 軽くて持ち運びやすい
  • 寝具を一つずつ買い揃えなくて済む

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEの大きなメリットは、コンパクトに収納できることです。折りたたむとクローゼットに収まるサイズ感になります。例えば、6畳のワンルームで使用する場合、「ベッドが部屋の大半を占める」といった窮屈な生活から解放されるでしょう。

軽くて持ち運びやすいことも、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEのメリットとして挙げられます。重さはピロー&マットレスとシュラフを合わせて約6.5kgです。ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、手軽に持ち運べるため、夜間に眠るときだけでなく、リビングで昼寝をしたいときやべランピング時にも活躍します。

寝具を一つずつ買い揃えなくて済む点は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEならではのメリットです。ピロー&マットレス、シュラフが一体となった寝具のため、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを購入すれば、一度で睡眠環境を整えられます。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEのデメリット

一方で、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEには、次のようなデメリットがあることを知っておいてください。

  • 寝返りすると落ちる可能性がある
  • 静電気が気になる
  • 素材が軋む音が気になる

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEのデメリットは、寝返りすると落ちる可能性があることです。横幅が70cmとなっており、通常のマットレスよりも小さくなっています。寝返りを打つ機会が多い方は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを買い足して連結させることで、横幅にゆとりを持たせるとよいでしょう。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを使用する方の声として、「静電気が気になる」といったデメリット寄りの口コミも見られました。カバー・シーツに化学繊維を使っているため、綿を使用した寝具よりも静電気が起こりやすくなっています。静電気が気になる場合は、静電気防止スプレーを使うことがおすすめです。

ほかにも、使用時に素材が軋む音が気になるといったデメリットも、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは有しています。ただし、軋む音は商品が届いて間もないときに起こる症状です。1週間程度使用すれば素材が柔らかくなり、軋む音が気にならなくなります。

【口コミから判明】ブレインスリープマットレス ALL IN ONEが合う人・合わない人

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、ブレインスリープマットレス・ピローが一体となった寝具であり、使い心地に申し分がない商品です。

しかし、一人ひとりによって好みの寝心地は異なることから、すべての人にブレインスリープマットレス ALL IN ONEが合うとは限りません。

以下では、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEが合う人合わない人の特徴を解説します。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEが合う人

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEが合う人の特徴は次のとおりです。

  • 腰の沈み込みを抑えられる寝具を選びたい人
  • 骨格にフィットする寝具で眠りたい人
  • 寝返りしやすい寝具を求めている人

腰の沈み込みを抑えられる寝具を選びたい人に、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは適しています。ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、腰部分の素材を硬めに調節したマットレスです。肩・足まわりの素材は柔らかくしており、負荷が腰だけにかかることを防いでいます。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、骨格にフィットする寝具で眠りたい人にも合うでしょう。首・肩まわりのフィット感を高めるために、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEでは、弾力のある高反発ファイバーを使用した枕を取り入れ、快適に眠れる寝姿勢をサポートします。

寝返りしやすい寝具を求めている人にも、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEはおすすめです。枕の両サイドを硬めに、中央部分を柔らかめにすることで、スムーズな寝返りをサポートします。同じ寝姿勢で眠り続けることを防げるため、体の特定箇所が痛くなる機会を減らせるでしょう。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEが合わない人

次の項目に当てはまる場合は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEが合わないかもしれません。

  • 広々としたマットレスで眠りたい人
  • 柔らかな寝心地を求める人
  • 枕を使って眠ることが好みでない人

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、広々としたマットレスで眠りたい人には合わない可能性があります。横幅が70cmと、一般的なシングルサイズのマットレスよりも小さいためです。特に、大柄な人は寝返りを打つ際に、マットレスから体が落ちやすく、寝苦しさを感じるでしょう。

柔らかな寝心地を求める人にも、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは向いていません。高反発ファイバーを使用していることから、低反発マットレスのような柔らかい寝心地とは異なります。どちらかと言えば、体をしっかりと支える硬めの寝心地です。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、枕を使って眠ることが好みでない人にも合わない恐れがあります。マットレスに枕が連結したモデルのため、頭部の高さを調整しにくく、使用者が限られてしまう点はブレインスリープマットレス ALL IN ONEのウィークポイントです。

快適な寝心地を求めたい方は、9層構造となっている「ブレインスリープマットレス プレミアムフロート」を選ぶことがおすすめです。

ブレインスリープマットレス プレミアムフロートは「無重力テクノロジー」を搭載しており、寝心地の高さはシリーズのなかでトップクラスとなっています。

>>他のブレインスリープマットレスの口コミ・評判を見る

あわせて読みたい
【2024年最新】ブレインスリープマットレスの口コミや評判|へたる?寒い?腰痛に効果あるのか解説 ブレインスリープマットレスについて気になる方のなかには、「使用者の口コミや機能性が気になる」「ブレインスリープマットレスの細かな情報を知っておきたい」という...

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEをお試しできる店舗

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、一部の店舗で寝心地を試すことが可能です。お試しできる店舗として、次の業者が挙げられます。

なお、上記で挙げたすべての支店で取り扱われているわけではありません。支店によっては、ブレインスリープピローやブレインスリープマットレスのみ販売している場合もあります。

そのため、該当する店舗が近くにある場合は、訪れる前に取扱商品や在庫を確認する連絡をしたほうがよいでしょう。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEはレンタルできる?

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、「サブスクライフ」というサイトでレンタルできます。サブスクライフを利用する場合のレンタル期間・月額料金は、次のとおりです。

項目詳細
レンタル期間3ヶ月/6ヶ月/12ヶ月/24ヶ月
月額料金2,700〜21,560円

サブスクライフでは、レンタル期間が長くなるにつれて月額料金が安くなる仕組みを設けています。レンタルした商品が気に入った場合は、商品の定価から支払った月額料金分を差し引いた金額で購入できます。

寝心地や使用感を手軽に確かめたい場合は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEをレンタルすることを視野に入れてみましょう。

>>ブレインスリープをレンタルする方法の詳細をチェックする

自分に合うブレインスリープマットレスはどれ?診断テスト

ブレインスリープマットレスとひと口に言っても、いくつかの種類があります。種類によって特徴が異なるため、ブレインスリープマットレスが気になる方は、自分に合う商品がどれなのかをチェックすることが欠かせません。

下表では、各ブレインスリープマットレスがどのような方に合うのかをまとめています。

こんな方におすすめマットレスの種類
肩・腰・足をリラックスさせたい方ブレインスリープマットレスフロート
シリーズで最上級グレードのマットレスを選びたい方ブレインスリープマットレスプレミアムフロート
使用しているマットレスの寝心地を改善したい方ブレインスリープマットレスオーバーレイ
マットレス&枕が一体となったコンパクトな寝具を求める方ブレインスリープマットレス ALL IN ONE

ブレインスリープマットレスのなかでも、スタンダードなタイプを選びたい方は、ブレインスリープマットレスフロートがおすすめです。寝心地を追求したい方は、ブレインスリープマットレスプレミアムフロートを選ぶことが適しているでしょう。

既存のマットレスを使い続けたい場合は、寝心地を改善する際に効果的なブレインスリープマットレスオーバーレイを選ぶとよいでしょう。

複数の種類があるため、寝具を買い替える動機に合わせてブレインスリープマットレスを選ぶことが大切です。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEに関してよくある質問

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEに関するよくある質問として、次のトピックがあります。

ここからは、よくある質問に対する回答を紹介します。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEはへたりやすい?

一部のユーザーからは、「ブレインスリープマットレス全般がへたりやすい」という口コミが出されています。しかし実際は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEをはじめとした、ブレインスリープマットレスが特別へたりやすいわけではありません。

へたりやすいと言われる理由として、使用回数が増えてくると体に馴染むような形で本体が沈み込むためです。もし、へたるような感覚を覚える場合は、本体を45〜50℃のお湯に浸したり、ドライヤーを当てたりすると、ふっくらとした状態に戻ります。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは寒い?

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、オールシーズン使用できる寝具です。室内で使用することがメインの方であれば、寒さを感じる機会は少ないでしょう。

しかし、温度調節がシュラフの掛け方次第になるため、冬場にブレインスリープマットレス ALL IN ONEを使用して寒さを感じるユーザーも一定数存在することを知っておいてください。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEには、使用可能温度が定められています。快適温度は8℃、下限温度は4℃、限界温度は-9℃となっておりキャンプ場や車内など、冬場に寒さが厳しくなる環境では衣類などで防寒対策をする必要があります。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは直置きできる?

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、直置きして使用できるマットレスです。マットレスに厚みを4cm持たせたおり、眠りの妨げとなる底付き感を与えません。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを使用する方のなかには、ワンルームマンションのファーストベッドで使用するユーザーも存在します。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEの専用シーツ・カバーはある?

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEには、専用シーツ・カバーが購入する際に付属します。専用シーツ・カバーの色は、グレーとベージュの2色展開となっています。

ただし、ブレインスリープが販売するほかのマットレス・枕のように、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEの専用シーツ・カバーは別売りされていないことを知っておいてください。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEの保証期間は?

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEには、ほかの高級マットレスのような返品保証期間が設けられていません。「○日間の返品保障制度あり」となっていないため、購入して寝心地を確かめられない点は知っておきましょう。

なお、返品・交換は未使用・未開封、かつ商品到着日より8日以内でなければできないことを理解しておいてください。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEで快眠習慣を始めよう

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、機能性と利便性が高く、使用者からの評価が高いマットレスです。

コンパクトで軽量な設計でありながら、ブレインスリープマットレス・ピローの機能性はそのままとなっています。一方で、専用シーツ・カバーに使われている素材の都合上、静電気が起こりやすいというデメリットが見られますが、静電気スプレーを使用すれば改善できます。

ブレインスリープマットレス ALL IN ONEは、部屋のスペースを効率的に使いたい方やマットレスと枕を一括で買い替えたい人におすすめです。

日々のパフォーマンス力を高めるためには、使用する寝具にこだわることが欠かせません。「ぐっすりと眠れる睡眠環境を整えたい」「疲れが取れやすい寝具を選びたい」という方は、ブレインスリープマットレス ALL IN ONEを購入し、質の高い眠りを手に入れましょう。

関連記事:ブレインスリープマットレスの口コミや評判|へたる?寒い?腰痛に効果あるのか解説

関連記事: 快眠マットレスのおすすめ人気ランキング10選-コスパが良くて安いと評判

あわせて読みたい
快眠マットレスのおすすめ15選-失敗しない選び方を解説【2024年最新】 腰や肩の負担が軽減して快眠できるマットレスが欲しい高品質なマットレスの中から自分に最適なものを見つけたい 熟睡・快眠をするには、自分の身体に合わせて適切なマッ...
ブレインスリープに関する記事

本ページは快眠ランドが独自に制作しており、一部又は全部にプロモーションが含まれています。メーカー等はコンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。快眠ランドでは編集ポリシーに則って製品・サービスを紹介しており、企業等の意見を代弁するものではありません。当記事では正確な情報提供に努めておりますが、内容の正確性を保証するものではありません。サイト内に表示している広告については、広告掲載ポリシーをご覧ください。当記事で記載している価格は全て税込み表記です。記事内容についてのご意見・誤字脱字のご指摘はお問い合わせフォームからお寄せください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次