MENU
快眠のプロ厳選!おすすめマットレス
快眠のプロ厳選!おすすめ枕

【2024年最新】モットンマットレスの口コミ評判-やらせ?後悔する?真相を解説

※ 本ページはプロモーションが含まれています。

マットレスとひと口に言っても、リーズナブルな価格帯で手軽に購入できるものから機能性にこだわった寝具まで、さまざまな商品が各ブランドから販売されています。

寝心地を追求したマットレスの一つにモットンマットレスがあります。モットンマットレスは、腰のフォローを得意としたマットレスであり、使用者の満足度が高いことで有名です。

この記事では使用者の口コミから、モットンマットレスの基本情報、使用する際のメリット・デメリットを解説します。モットンマットレスを使うことが合っている人の特徴やよくある質問も紹介するため、モットンマットレスの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。(2023年11月19日現在の情報です)

関連記事: 快眠マットレスのおすすめ人気ランキング10選-コスパが良くて安いと評判

あわせて読みたい
【2024年最新】快眠マットレスのおすすめ人気ランキング15選-コスパが良くて安いと評判 腰や肩の負担が軽減して快眠できるマットレスが欲しい高品質なマットレスの中から自分に最適なものを見つけたい 熟睡・快眠をするには、自分の身体に合わせて適切なマッ...
目次

竹田 浩一 睡眠改善インストラクター

快眠グッズメーカー ムーンムーン株式会社 代表取締役。8歳の時に光で起こす目覚まし時計を使用したことで、8歳から悩んでいた睡眠障害を克服。睡眠障害を患っていた時は、朝5時に寝て昼12時に起きる夜型生活だったが、睡眠障害克服後は朝5時に起き夜10時に寝る生活を続ける。現在は、睡眠改善インストラクターの資格を活かし、大学や企業などで睡眠講座を開催。テレビや新聞、雑誌などにも睡眠の専門家として多数出演。

モットンマットレスの口コミ評判|後悔する?やらせ?の真相を解説

モットンマットレスの口コミを調べてみると、全体では良い口コミが多いものの、中にはネガティブな意見を述べている方も見受けられました。

今回は、上記4つの項目に分けて、良い口コミ・悪い口コミをそれぞれ紹介します。

腰痛対策に関する口コミ・評判

モットンマットレスの腰痛対策に関しては、以下のような口コミがありました。

モットンマットレスは腰痛に対してポジティブな意見が多く、快眠へとつながっているようです。では、それぞれの口コミに対してくわしく見ていきましょう。

腰の痛みと疲労感が下がった

こちらの投稿者は、寝た際の腰の痛みがなくなり、疲労感がなくなったと口コミを投稿しています。

腰の痛みが無くなって、起きた時の疲労度が格段に下がったので感謝!

腰が沈みすぎず背中に圧をあまり感じなくなった

引用:Amazon

モットンマットレスは、睡眠時の身体にかかる負担がバランス良く分散されるよう配慮された設計です。投稿者のように適度な沈み込みによって腰への負担が軽減され、腰の痛みがなくなるケースも珍しくないでしょう。

就寝時に腰への負担が大きくなることで疲労感が抜けにくかった方は、モットンマットレスにすると、緩和される可能性があります。

寝ても腰が痛くならない

こちらの口コミでは、モットンマットレスを使った際に腰の痛みがない点について、快適であるという意見を述べていました。

腰痛の人でも、寝ていて、腰が痛くならない。一体型で少し扱いにくいが、他社の3分割の折りたたみ式より継ぎ目の部分がないため、むしろ寝たときの連続性が良い。今まで使った同種類の中で最適。

引用:Amazon

低反発マットレスを長年使っていると、身体が沈み込みすぎて腰への負担が大きくなりがちです。そのため、低反発マットレスからモットンマットレスに変えた方の中には、投稿者のように腰の痛みがない点に驚くケースも少なくありません。

モットンマットレスは高反発マットレスに分類されるので、沈み込みによって腰の痛みが誘発されていた方には、特におすすめです。

腰が痛くなったような気がする

人によっては、モットンマットレスを利用した際に腰が痛くなってしまった方もいるようです。

気のせいか、腰が痛くなったような

体重を 元に 硬さを 選んだのですが …

少し 微妙です。

でも まだ 分からないので

しばらくは、使用します。

引用:Amazon

モットンマットレスは3種類の硬さが選べますが、基準としては仰向けで寝る方のために設計されています。横向き寝やうつ伏せ寝が多い方にとっては、うまく体圧分散がされずに寝心地の悪さを誘引する可能性もあるでしょう。

横向きで寝る場合が多い方は、ソフトタイプあるいはレギュラータイプのモットンマットレスを選ぶと、腰への負担が少なくなるのでおすすめです。

肩こり対策に関する口コミ・評判

モットンマットレスの肩こりに関する口コミは少ないものの、ポジティブな意見がほとんどです。

それでは、それぞれの口コミについてくわしく解説します。

肩こりが改善された

こちらの投稿者は、モットンマットレスを使用していて肩こりが改善されたと意見を述べています。

寝返りがしやすいです。

肩こりもちの私が肩こりが改善されました。

引用:Amazon

モットンマットレスの優れた体圧分散性は、肩への負担軽減にも期待ができます。合わないマットレスによって肩こりが発生していた場合、モットンマットレスに変えたことで改善される可能性は高いでしょう。

寝返りがしやすいという意見をしている点でも、バランスよく圧力が分散されている証拠といえます。

四十肩でも眠れた

こちらは、四十肩でも横向きで寝れたという点に評価をしている口コミです。

ネットで横向きで寝るのによいと評価の高かった本製品を購入まともに寝られるようになった

四十肩が痛くてもこの製品なら寝ることができた

買って良かったです

引用:Amazon

横向きで寝てしまうと、どうしても肩に負担が大きくなるため、四十肩や肩に痛みがある方は避けなくてはいけません。寝返りをうつ際も、肩の痛みによって眠りの妨げになり、快眠ができない方もいるでしょう。

モットンマットレスでは、横向きでも体圧が分散できるよう配慮されているため、今回の口コミのように寝られるようになる方も多いはずです。

肩こり対策に関する悪い口コミ

モットンマットレスで肩こり対策に関する悪い口コミを調査しましたが、現状は見当たりませんでした。肩こりについてはマットレスと枕の相性もあるので、一概にマットレスが悪いという決めつけはできません。

もし、モットンマットレスに変えて肩こりが出てきてしまった場合は、枕の見直しも行うようにしましょう。肩こりに関して悪い口コミは、見つけ次第更新させていただきます。

寝心地に関する口コミ・評判

寝心地に関しては、ポジティブな意見が多く、快眠できる・寝やすいという意見が多く見受けられました。

それでは、寝心地に関する口コミ・評判についてくわしく見ていきましょう。

寝心地がいい

こちらの口コミでは、使い始めて10日で寝心地のよさを実感していました。

まだ使って10日だけど今のところ寝心地はいいね。腰痛は治らないけど(当たり前か)これから

どうなるかのお愉しみの余地はある。

引用:Amazon

モットンマットレスは身体への負担を軽減させるマットレスなので、寝心地のよさには定評があります。腰痛は原因にもよりますが、すぐに治るわけではないため、先に寝心地のよさを実感する方が多いです。

寝心地がよく寝られるのは快眠に繋がるので、疲労軽減にも期待できるでしょう。

気持ちよく寝れる

こちらの投稿者は、以前使用していたマットレスの買い替えのためにモットンマットレスを購入し、寝心地のよさを実感しています。

以前は低反発のマットレスを使っていましたがウレタンがヘタって腰が沈み、熟睡出来ませんでした。モットンは高反発ですが、点で押さえると沈みます。でも面で押さえると程よく沈み、寝ると身体全体でマットに馴染んだ感じとなり、とても気持ちよく寝れます。

引用:Amazon

ヘタったマットレスは体圧分散のバランスが崩れ、眠りの妨げとなる可能性が高いです。そこでモットンマットレスに切り替えたことで、より寝心地の違いを実感できる方も多く見受けられました。

人間は人生の3分の1が睡眠時間であるとされるので、気持ちよく眠れるマットレスを見つけるのは、起きている時間にも影響を与えるほど重要な選択であるといえるでしょう。

体が沈んで寝苦しい

一方、モットンマットレスを利用した中には、寝心地が悪かったと意見をする方も見受けられました。

レギュラーを購入したが、体が沈んで寝苦しく始末に困っている。体重70Kg。

引用:Amazon

寝心地の悪さを意見している肩の多くは、自身の体に合った硬さを選べていないのが原因です。モットンマットレスは、ソフト・レギュラー・ハードの3種類の硬さが選べ、自身の体重や好みに合わせて選定する必要があります。

体重のある方は、その分沈み込みも大きくなるのが予測されるので、ハードを選んでおくほうが寝心地のよさを実感しやすいでしょう。

硬さに関する口コミ・評判

モットンマットレスの硬さに関しての口コミは、硬さが選べる点に触れている方が多く、全体としてはポジティブな意見がほとんどでした。

それでは、硬さに関しての口コミについてくわしく見ていきましょう。

沈み具合がちょうどいい

こちらの投稿者は、モットンマットレスの沈み込みがちょうどいい点について触れています。

自分用にシングルハード購入。寝ることは重要で、寝具にお金をかける。ランキングでも上位でこれに決定。体重にもよるが、沈み具合がちょうどいい。

引用:楽天市場

モットンマットレスは、ソフト・レギュラー・ハードの3種類から自身に適切なあう硬さを選んでもらう形式です。

  • 45kg以下の人:ソフトタイプ
  • 46kg〜80kgの人:レギュラータイプ
  • 81kg以上の人:ハードタイプ

上記のように、体重によって参考となるタイプが公式サイトで公表されているので、ぜひ参考にしてみてください。

硬さがちょうどいい

こちらの投稿者のように、硬さがちょうどいいと意見をしている方も多く見受けられました。

硬さちょうどいいです。

正直ここまでマットレスで変わるとは思いもしていませんでした。

高いお買い物でしたが購入してよかったです。

ちなみに次はダブルサイズを購入予定です(笑)

引用:Amazon

硬さがちょうどいいという意見には、モットンマットレスの優れた体圧分散性を実感しているという裏付けがあります。優れた体圧分散は、寝心地のよさにつながり、快眠へと導いてくれるでしょう。

より満足してもらうために、硬さの種類を選べるようになっているので、ぜひご自身に最適な硬さを見つけてみてください。

硬めにすればよかった

人によっては、こちらの投稿者のように硬さが合わなかったという意見もありました。

柔らかめを買ったのですが、硬めにすればよかったなぁと思っています。

引用:Amazon

モットンマットレスの硬さが選べるからこそ、選択ミスについて意見する方がいるのは当然です。現在、モットンマットレスでは配送手数料3,960円で1回のみ硬さを交換できます。

返金保証期間内という条件はあるものの、もし硬さが合わないと感じたら、交換できることを覚えておきましょう。

モットンマットレスの特徴

公式サイト

モットンマットレスは、下記のような特徴を有しているマットレスです。

  • 販売累計本数が10万本を超えている
  • 3種類の硬さのから自分に合うものを選べる
  • 腰を対策することを得意としている

モットンマットレスは、販売累計本数が10万本以上を超えている人気の高いマットレスです。人気が高い理由は、快適な睡眠をサポートできる部分に長けているためです。使用者の多くが朝までぐっすりと眠れていることから、モットンマットレスの満足度は94.2%と高い数値を記録しています。

モットンマットレスは、自分に合う硬さを選べるマットレスです。ほかのマットレスのように硬さが固定されていないため、快適な寝心地を求めやすいという魅力を有しています。

モットンマットレスは、腰を対策することを得意としている寝具です。使用者の腰に負担がかからないように、寝返りをフォローする性能を持っています。そのため、「腰がだるい」「背中周りに違和感を覚える」という方を中心に支持されています。モットンマットレスの詳細は、次のとおりです。

項目詳細
〇〇な方におすすめ睡眠中に腰に負担がかかっていると感じる方
長さ195cm
※全サイズ共通
・シングル:97cm
・セミダブル:120cm
・ダブルサイズ:140cm
重さ・シングル:約7.5kg
・セミダブル:約9kg
・ダブルサイズ:約10.7kg
中素材ウレタンフォーム
カバー素材ポリエステル
お手入れ方法風通しのよい場所で干す
寿命約8年
生産国日本
返金保証90日間
金額・シングル:39,800円
・セミダブル:49,800円
・ダブルサイズ:59,800円

【動画】1分でわかるモットンマットレスの特徴

モットンマットレスの魅力は、テキストだけでは伝えきれません。マットレスの特徴や使用感は、動画をチェックしたほうが理解しやすいでしょう。モットンマットレスについて解説した動画は、次のとおりです。

モットンマットレスは、「快適な睡眠生活で日常をもっと楽しくもっと豊かに」というコンセプトを持っているマットレスです。使用者の疲れを解消することはもちろん、耐久性にも優れているため、長期的に愛用しやすいと言えます。

翌朝目覚めたときに、疲労感を感じる機会が多い方は、睡眠の質を改善できるモットンマットレスを使用することを検討してみましょう。

公式サイト

モットンマットレスのメリット

モットンマットレスのメリット

モットンマットレスのメリットとして、下記の7つが挙げられます。

モットンマットレスは、数多くのメリットを持っているマットレスです。以下では、各メリットの詳細を解説します。

柔らかすぎず硬すぎないため自然な寝返りをサポート

公式サイト

モットンマットレスは、柔らかすぎず硬すぎないウレタンフォームを使用したマットレスです。マットレスが柔らかすぎる場合は、体圧がかかりやすい部分を中心に沈み込んでしまい、筋肉に疲労感を与えてしまいます。

一方で、硬すぎるマットレスを使用した場合は、首こりや腰痛の原因になることが珍しくありません。筋肉や関節に負担がかかるマットレスで寝ると、無駄な寝返りが増えてしまい、睡眠の質を下げてしまいます。

モットンマットレスは、程よい弾力を持っており、身体を優しくフォローすることが可能です。自然な寝返りをフォローでき、使用者にストレスを与えません。

厚生労働省のe-ヘルスネットでは快眠するテクニックとして、次の内容を述べています。

マットレスや敷き布団が柔らかすぎる場合には、腰部と胸部が深く沈みこんでS字カーブのすき間が大きくなり、眠りにくいだけでなく腰痛の原因にもなります。反対に硬すぎると骨があたり痛みを生じる、血流が妨げられるなど、熟睡できなくなります。したがってマットレスや敷き布団には適度な硬さが必要であることがいえます。

引用:厚生労働省「e-ヘルスネット」

モットンマットレスは、快眠するために必要な条件を満たしています。程よい柔らかさで自然な寝返りを促し、使用者を朝までぐっすりと眠らせることが可能です。

自分好みの硬さを選べる

公式サイト

モットンマットレスを選ぶメリットとして、自分の好みの硬さを選べることが挙げられます。マットレスの硬さは、N(ニュートン)で示すことが一般的です。Nの数値が高くなるほど、マットレスは硬くなります。

モットンマットレスでは、体重ごとに推奨するマットレスの硬さを公開しています。硬さおよび使用することが推奨されている体重については、下表のとおりです。

硬さ体重
ソフト(140N)45kg以下
レギュラー(170N)46〜80kg
ハード(280N)81kg以上

モットンマットレスを選ぶ際は、公式で推奨している硬さのマットレスを選ぶことがおすすめです。体重に適していないマットレスを購入すると、寝心地が柔らかすぎたり、反対に硬さを感じたりする可能性があります。

体圧分散性が高い

公式サイト

モットンマットレスは、体圧分散性が高いという特徴があります。体圧分散性が高いマットレスを使用すると、首や肩、腰などにかかる負担を軽減することが可能です。

モットンマットレスは、全身をふんわりと押し上げる反発力と、身体を均等に支えることに長けています。そのため、理想的な寝姿勢をサポートでき、心地よく眠れるマットレスとして支持されています。

耐久性に優れており寿命が5〜8年

公式サイト

モットンマットレスは、一般的なウレタンフォームを使用したマットレスよりも耐久性に優れているという特徴をもっています。一般的なウレタンマットレスの寿命は3〜5年程度であるものの、モットンマットレスの寿命は5〜8年となっています。

モットンマットレスの寿命が長い理由は、耐久試験や素材選びなどを通じて、少しでも長く使用できるように製造しているためです。こだわり抜いて作られていることから、モットンマットレスは品質の高さにも定評があります。

通気性に優れている

公式サイト

モットンマットレスには、通気性が優れているというメリットがあります。モットンマットレスで使用しているウレタンフォームは、製造時に発砲する泡の大きさを調整しています。一般的なウレタンフォームよりも、汗や空気が流れやすい構造です。

ウレタンフォームを使用したマットレスの多くは、夏場に蒸れやすいと言われています。しかし、モットンマットレスの場合は最先端の構造を取り入れることで、蒸れによる不快感を最小限に抑えています。

衛生面で優れている

公式サイト

モットンマットレスは、衛生面に優れている部分も魅力です。ノミやダニなどの害虫を寄せ付けないだけでなく、質の高いウレタンフォームを使用していることからほこりが出ません。

そのため、ハウスダストによるくしゃみや鼻づまり、目のかゆみや皮膚の炎症などを抑えられます。モットンマットレスを使用すれば、身体の痛みを抑えられるほか、アレルギー症状に悩まされる機会を減らせると言えるでしょう。

返金保証が付いているため気軽に試せる

公式サイト

モットンマットレスは返金保証が付いているため、気軽に試せるマットレスです。返金保証期間は90日間となっており、モットンマットレスが自分に合ったマットレスなのかを十分に判断できます。

ほかにも、モットンマットレスには、180日間のメールサポートも付いています。商品に関する質問・相談を気軽にできるため、モットンマットレスは数あるマットレスのなかでもサポート体制が充実している商品です。

モットンマットレスは購入する際に数万円かかるものの、返金保証とメールサポートがあることから、「寝心地が自分に合うか不安」という方でも試しやすいと言えます。まずは商品を注文し、実際に寝心地を確かめてみることから始めてみましょう。

公式サイト

関連記事:快眠マットレスのおすすめ人気ランキング10選-コスパが良くて安いと評判

あわせて読みたい
【2024年最新】快眠マットレスのおすすめ人気ランキング15選-コスパが良くて安いと評判 腰や肩の負担が軽減して快眠できるマットレスが欲しい高品質なマットレスの中から自分に最適なものを見つけたい 熟睡・快眠をするには、自分の身体に合わせて適切なマッ...

モットンマットレスの効果

モットンマットレスの効果

モットンマットレスは、次のような効果を得られるマットレスとして知られています。なお、次の効果は実際にモットンマットレスを使用した方の声を参考にしています。

  • 腰の筋肉を休ませる
  • 翌朝スッキリと起きられる
  • 仕事の効率が高まった

モットンマットレスは、全身を支えられるマットレスであり、睡眠時に腰の筋肉を休ませる効果を持っています。睡眠中に腰が休まる分、翌朝に疲れが残りにくくなるでしょう。

モットンマットレスを使用すると、身体をしっかりと支えた状態になるため、熟睡しやすくなります。夜中に目覚める回数を減らせる可能性が高く、翌朝スッキリと起きられます。

モットンマットレスを使うと、疲れが残りにくい・翌朝スッキリと目覚められるという効果から、仕事の効率が高まったと実感する方も少なくありません。起床時にやる気が出ない方は、モットンマットレスを選ぶと、仕事のパフォーマンスなどが高まると考えられます。

モットンマットレスのデメリット

モットンマットレスのデメリット

モットンマットレスはメリットが多い一方で、次のようなデメリットも有しています。

ここからは、モットンマトレスのデメリットとその解決策を紹介します。

実際にモットンマットレスを試せる店舗がない

モットンマットレスには、実際に試せる店舗がないというデメリットがあります。購入する場合、モットンマットレスの公式サイトもしくは楽天市場やAmazonなどのインターネットショップを利用することが一般的です。

実際に試した上で購入するか否かを決められないため、モットンマットレスは店舗で試せるマットレスよりも購入するハードルが高まることが否めません。

しかし、モットンマットレスでは、90日間の返金保証を採用しています。仮に、寝心地が合わない場合は返金対応してもらえるため、店舗で寝心地を試せないことは大きなデメリットにならないと言えます。

関連記事:モットンマットレス・枕のお試し店舗一覧-どこで購入できるか解説

あわせて読みたい
モットンマットレス・枕のお試し店舗一覧-どこで購入できるか解説 モットンマットレス・枕は、首・肩対策に特化した寝具です。インターネット上で口コミを見ると「使ってよかった」といった声が多く、モットンの寝具は質の高い睡眠が取...

商品を開封した際のウレタン臭が気になる

モットンマットレスのデメリットとして、開封した際にウレタン臭が気になることが挙げられます。個体差はあるものの、ウレタン臭が強いマットレスが届いた場合は、睡眠時に不快感を覚えるかもしれません。

ウレタン臭を早く取り除きたい場合は、カバーを取り外して風通しのよい窓際へ立てかけて干すことがおすすめです。なお、本体へ日光が当たりすぎるとウレタンフォームが劣化しやすくなるため、できる限り、陰干しすることを推奨します。

モットンマットレスが合う人

モットンマットレスが合う人

下記の項目に当てはまる方は、モットンマットレスを使用することが合っています。

  • 腰痛に悩んでいる方
  • 翌朝までぐっすりと眠りたい方
  • 子育て中の方や妊娠中の方

モットンマットレスは、腰を支えることに長けているマットレスであるため、腰痛に悩んでいる方におすすめです。腰への負担を軽減でき、起床時に「腰や背中が痛い」といった悩みを減らせる可能性があります。

高反発マットレスで身体を適度に支える働きがあることから、ぐっすりと眠りたい方、子育て中の方や妊娠中の方にもモットンマットレスは適しています。身体にストレスがかかりにくく、自然体で眠れているという実感を得やすいことからも、モットンマットレスは人気です。

モットンマットレスが合わない人

モットンマットレスが合わない人

一方で、次のような項目に当てはまる方は、モットンマットレスを使用することが合わないかもしれません。

マットレスに柔らかさを求める方
寝心地よりも安さを求める方
お手入れしやすいマットレスを使いたい方

モットンマットレスは、使用者が自然と寝返りをうてるように、適度な弾力を持っています。寝心地は、柔らかいというよりもやや硬めとなっています。マットレスに柔らかさを求める方は、モットンマットレスではなく低反発マットレスを選ぶほうがよいでしょう。

マットレスに安さを求める方も、モットンマットレスを選ぶことが適していません。モットンマットレスはシングルサイズでも4万円近くすることから、マットレスのなかでも高めの価格帯です。

日々のお手入れがしやすいマットレスを使いたい方も、モットンマットレスは適していないと考えられます。モットンマットレスは丸洗いできず、お手入れする際は、風通しのよい場所で立てかけるような形で陰干しする必要があります。

モットンマットレスが合わない方は、高反発マットレスのおすすめ人気ランキングを参考に自分に合うマットレスを見つけてみましょう。

関連記事:高反発マットレスのおすすめ人気ランキング14選-コスパ抜群で腰痛におすすめのマットレスを紹介

あわせて読みたい
【2024年最新】高反発マットレスのおすすめ人気ランキング14選 高反発マットレスは反発力があり、寝返りしやすい・体圧分散性が高いなど、機能面に優れているマットレスです。熟睡しやすく、翌朝に疲れが残りにくいため、世代を問わ...

シングル・ダブル・セミダブルどれがいい?サイズの選び方

公式サイト

モットンマットレスは、さまざまなシーンで使用できるように、シングルからダブルまでのサイズを展開しています。各サイズの概要は、次のとおりです。

タイプサイズ厚み硬さ重さ金額
シングル195cm×97cm10cm・ソフト(140N)
・レギュラー(170N)
・ハード(280N)
約7.5kg39,800円
セミダブル195cm×120cm10cm・ソフト(140N)
・レギュラー(170N)
・ハード(280N)
約9kg49,800円
ダブル195cm×140cm10cm・ソフト(140N)
・レギュラー(170N)
・ハード(280N)
約10.7kg59,800円

ここからは、各サイズのモットンマットレスの特徴を解説します。

シングル

こんな方におすすめ

一人で快眠したい方

シングルサイズは、縦195cm×横97cmとなっています。一人で寝る場合には十分な大きさで、左右どちらに寝返りをうっても基本的にはマットレスから落ちることはありません。

一人暮らしをしている方や女性や子どもが使用するサイズとして人気です。一方で、寝相が悪い方や体格が大きい方は、シングルサイズよりもセミダブルを選ぶほうがよいケースもあります。

サイズ選びに迷う際は、シングルサイズのマットレスで眠るときに窮屈さを感じるかどうかで決めるとよいでしょう。窮屈さを感じないのであればシングルサイズを、縮こまるような姿勢で眠る場合はセミダブルサイズを選ぶことがおすすめです。

セミダブル

こんな方におすすめ

一人でゆったりと眠りたい方

セミダブルサイズは、縦195cm×横120cmの大きさです。一人で使用する場合であれば、大の字になって眠ることも可能です。身長がよほど大きな方でない限りは広々と眠れます。

セミダブルサイズは二人で眠ることもできますが、特に一人でゆったりと睡眠したい方に支持されています。小学生が使用する場合は、二人で使用してもゆったりと使用することが可能です。

ほかにも、同棲していないカップルにもセミダブルサイズは適した大きさとなっています。二人で眠る際は適度な広さを、一人で使用するときは広々としたスペースを確保できるためです。

ダブル

こんな方におすすめ

二人で快眠したい方

ダブルサイズは、縦195cm×横140cmとなっています。大人が二人で使用したとしても、ゆったりと眠れる大きさです。幼稚園や保育所に通う年齢の子どもであれば、三人並んで使用できるかもしれません。

一方で、ダブルサイズは縦横ともにある程度の大きさになるため、5〜7畳ほどのワンルームに暮らしている方にはおすすめできません。5〜7畳ほどのワンルームにダブルサイズのマットレスを置くと部屋が窮屈になります。ワンルームに暮らしている方で二人で眠る機会がある場合は、セミダブルサイズを選ぶことがおすすめです。

関連記事:快眠マットレスのおすすめ人気ランキング10選-コスパが良くて安いと評判

あわせて読みたい
【2024年最新】快眠マットレスのおすすめ人気ランキング15選-コスパが良くて安いと評判 腰や肩の負担が軽減して快眠できるマットレスが欲しい高品質なマットレスの中から自分に最適なものを見つけたい 熟睡・快眠をするには、自分の身体に合わせて適切なマッ...

モットンマットレスに関するよくある質問

モットンマットレスを購入することを検討している方は、よくある質問とその回答を知った上で、自分に合うマットレスなのかを判断しましょう。下記は、モットンマットレスに関するよくある質問をリスト化したものです。

上記の質問と回答を把握しておけば、モットンマットレスに対する不明点を解消できます。ここからは、各質問とその回答を紹介します。

どのように敷いたらいい?(使い方)

モットンマットレスは、ベッドに直接敷くのはもちろん、現在使用しているマットレスの上からでも使用できます。畳やフローリングに直接敷いて使うことも可能です。

ただし、マットレスの上からモットンマットレスを使用する場合、身体が沈み込みやすくなる可能性があります。首や腰などへの負担を和らげたい方は、寝心地を確かめた上で、マットレスの上からモットンマットレスを使用すべきかを判断してください。

お手入れはどうしたらいい?

モットンマットレスをお手入れする際は、風通しのよい場所で陰干ししてください。本体に使われているウレタンフォームは水に弱く、水洗いすると性能が損なわれてしまうかもしれません。

もし、本体に汚れば目立つようであれば、水を浸したタオルなどで優しく拭き取ります。本体の清潔感を保ちたい方は、専用カバーをこまめに洗濯することがおすすめです。

収納方法はどうしたらいい?

モットンマットレスを収納する場合は、専用のバンドを使って二つ折りもしくは三つ折りにします。片付ける際に折りたたんだり、ほかの布団を上に重ねたりすることで、モットンマットレスが痛む心配は不要です。

モットンマットレスの公式サイトにも、「重いものを重ねたから痛むことはない」と記載されています。

素材は何を使用している?

モットンマットレスには、下記の素材が使用されています。

  • 中素材:ウレタンフォーム
  • 専用カバー:ポリエステル

マットレスの硬さやサイズが異なったとしても、モットンマットレスに使用されている素材は変わりません。

密度はどれくらい?

そもそも、高反発マットレスに使用されているウレタンフォームの密度は、D(Density)という言葉で表します。密度が高くなるにつれて、ウレタンフォームの寿命は長くなる傾向です。

モットンマットレスは密度が30Dとなっており、寿命に換算すると5〜8年程度となっています。なお、30Dレベルの密度は、有名ブランドのマットレスで使用されるウレタンフォームと同等の数値です。

返金方法はどうしたらいい?

モットンマットレスを使用して寝心地が合わない場合は、90日間の返金保証期間内に返品することで返金してもらえます。返品する際は、配送手数料としてマットレス一本あたり3,960円が必要になることを知っておいてください。

なお、寝心地が合わないことによるマットレスの返品・交換は、一回のみの対応となっています。一度返品すると、返金保証期間内であっても、返金保証対象外となります。

初期不良品や破損品が届いた場合は返金保証期間内であれば、モットンマットレス側が送料を負担してマットレスを取り替えてくれます。返品・返金したい場合は、カスタマーサービスセンターへ連絡してみましょう。

【まとめ】モットンマットレスの口コミや評判

モットンマットレスは、腰をフォローする点に強みを持つ高反発マットレスです。寝返りをサポートしたり、体圧分散性が高かったりするなどの機能を有しています。インターネットやSNSで使用者の口コミ・評判を見ると、良いレビューをしている方が多く、モットンマットレスは評価が高いマットレスの一つです。

一方でモットンマットレスには、店舗で使用感を試せない・ウレタン臭が気になるといったデメリットがあることを知っておきましょう。モットンマットレスのデメリットは、どれも対策すれば改善できます。例えば、使用感を試せない点は、モットンマットレスの購入時に適用される90日間交換・返金保証を活用すると解決できるでしょう。

「腰に不安を抱えている」「翌朝までぐっすりと眠れるマットレスを選びたい」という方は、モットンマットレスを購入することがおすすめです。

公式サイト

\公式サイトがお得/

関連記事:モットンマットレス・枕は半額で買える?最安値で買う方法やクーポン割引情報を紹介

あわせて読みたい
【2024年最新】モットンは半額で買える?最安値で買う方法やクーポン割引情報を紹介 モットンは、寝心地や肩・腰への負担についてこだわって作ったマットレス・枕を販売しており、口コミでも評価が高いです。そんなモットンをせっかく購入するなら、なる...

関連記事: 快眠マットレスのおすすめ人気ランキング10選-コスパが良くて安いと評判

あわせて読みたい
【2024年最新】快眠マットレスのおすすめ人気ランキング15選-コスパが良くて安いと評判 腰や肩の負担が軽減して快眠できるマットレスが欲しい高品質なマットレスの中から自分に最適なものを見つけたい 熟睡・快眠をするには、自分の身体に合わせて適切なマッ...
おすすめの枕・マットレスを安く買う方法

本ページは快眠ランドが独自に制作しており、一部又は全部にプロモーションが含まれています。メーカー等はコンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。快眠ランドでは編集ポリシーに則って製品・サービスを紹介しており、企業等の意見を代弁するものではありません。当記事では正確な情報提供に努めておりますが、内容の正確性を保証するものではありません。サイト内に表示している広告については、広告掲載ポリシーをご覧ください。当記事で記載している価格は全て税込み表記です。記事内容についてのご意見・誤字脱字のご指摘はお問い合わせフォームからお寄せください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次